パチンコ計数管理 パチコン店店長Navi

パチンコ風営法法律試験(応用編)5

<スポンサーリンク>

風俗営業及び業務の適正化等に関する法律試験(応用編)5

風俗営業及び業務の適正化等に関する法律試験

※以下風営法

 

【問1】
A〜kの事柄ついて、正しいものには〇間違っているものには×を記入しなさい。×のものは理由も答えなさい。

 

A. 表示、掲示義務のある〈営業許可証〉、〈貸し玉料金〉、〈18歳未満入店お断り〉POP は全てのお客様の見やすい位置であればどこに表示、掲示しても良い。

解答

 

 

 

B. 従業員名簿は現在働いている人全員分保管の必要がある。

解答

 

 

 

C. 近隣店がリニューアルオープンしたので、自店では「営業中」のプラカードを持って店頭に立った。

解答

 

 

 

 

D. 法律上 18 歳未満の方をお客様として入店させた場合、営業許可取消処分もあり得る。

解答

 

 

 

E. 客引きとは店頭で不特定多数に声をかけ、来店を促す行為の事を言う。

解答

 

 

 

F. 刑事罰で 50 万円以上の罰金刑に処されると、 営業者は営業許可を取り消される。

解答

 

 

 

 

G. 遊技機に付いている灰皿に破損が見られたが、遊技に支障がないのでそのままお客様に遊技を続けてもらった。

解答

 

 

 

 

H. 自店は等価交換なので、その旨を POP できちんと表示している。

解答

 

 

 

I. パチンコ遊技機の設置する傾斜は0分〜5分の間と決められている。

解答

 

 

 

J. ホールは、遊技機製造メーカーが保安電子通信技術協会(保通協)の型式検定試験時に提出する諸元表通りに遊技機を整備する必要がある。

解答

 

 

 

 

K. CR ユニットを各台計数機付きのものに変更する場合届け出をする必要はない。

解答

 

 

<スポンサーリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 問題集 ワークシート