パチンコ計数管理 パチンコ店店長Navi

誤差玉・誤差メダル

<スポンサーリンク>

パチンコ誤差玉 メダル誤差 ぱちんこ計数管理

『誤差玉、誤差コイン』について 【解説編】

 

メダルを例に挙げて説明をしますが、玉も全く同様の仕組みになります。

売上枚数−差数(投入枚数−払い出し枚数)
*売上枚数は売上金額÷貸メダル(20 円)

 

例)

1000 円購入 30 枚消費して大当り(大当り枚数が 330 枚)の場合
1000 円÷20 円=50 枚  50 枚−30 枚=20 枚  20 枚+330 枚=350 枚
お客様の手元に 350 枚ある計算になります。

 

計数機に流した枚数が 350 枚の場合
計数機とお客様のメダル数が同数なので誤差メダル数は±0になります 。

 

通常は床にメダルが落ちたり、ロスが発生する為
計数機の計数の方が少ない状態=正常な状態
プラスのメダル誤差になります。

 

例)

お客様が他店のコインをポケットに入れて 50 枚持ち込んだ場合は、
計数機の方が多い状態=異常な状態、マイナスのメダル誤差になります。

 

マイナスの場合
@.持ち込み
A.不正行為(ゴト行為、内部不正)
B.配線等不良、機械の故障等
が考えられます。

 

<良くあるケース>
プラスの場合
パチンコ  例)
入替後、アウトを計数するタンクを定位置に設置しなかった場合、アウト玉を全部計数出来ていない→アウトとセーフの差が払い出し数の為、通常よりも払い出したデーターになってしまう(センサーハズレも同等)。

 

マイナスの場合
パチンコ例)
台の裏バック上段のタンクから玉がポロポロ溢れてアウトタンクに落ちている場合(遊技台に付けている補給の開閉センサー不良等)アウト計数が通常よりも上がってしまうため、データー上は打ち込みが多い=お客様の払い出しが少ないデーターになってしまう。

 

その他には
ゴト行為でパチンコの玉を強制的に出してしまう。
スロットのホッパーに悪戯して強制的に払い出しをしてしまう。
セレクターにクレマン等で不正にメダルカウントを上げてしまう等でもマイナスの誤差になります。

 

通常の店舗の数値を把握しておく事が重要です。
*土日等で稼働が上がる場合等は多少の変動は有ります。
マイナスの場合には要点検、プラスの場合は何時もと比べて逸脱した数値の場合のみ点検が必要だと覚えて下さい。

<スポンサーリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 問題集 ワークシート