パチンコ計数管理 パチンコ店店長Navi

パチンコ風営法の説明(初級編)

<スポンサーリンク>

パチンコ風営法

A. 風適法とは
『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』の略称
パチンコ営業を行う上で、知っていなければならない法律。
 
風俗営業・・・お客様に遊興・飲食などをさせる営業の総称(国語辞書より)
 
具体的にこの法律で対象となっている営業
パチンコ店の他、クラブ、キャバレー、ダンスホール、ゲームセンター、性風俗店など。これらは営業を行う場合は都道府県公安委員会(≒警察)の許可を得なければならない『許可営業』である。
 
平成28年6月23日より改正風営法が施工され、パチンコ店は7号営業から4号営業に変更された。今回の改正では直接パチンコ営業に大きな変化はないが以下の通りに改正
【以前】
1号営業(営業床面積66u以上のキャバレー等)
2号営業(営業床面積66u未満の料理店、クラブ、キャバクラ等)
3号営業(ダンスクラブ等)
4号営業(ダンスホール等)
5号営業(10ルックス以下の接待しない低照度飲食店)

6号営業(区画飲食店、いわゆるカップル喫茶の様な営業形態)
7号営業(ぱちんこ店、麻雀店等)
8号営業(ゲームセンター等)
        ?
【現在】
1号営業(キャバクラ、キャバレー等)
2号営業(低照度飲食店)
3号営業(区画飲食店)
4号営業(ぱちんこ店、麻雀店等)
5号営業(ゲームセンター等)
 
4号営業
風適法の対象となっている営業のうち、パチンコ店、麻雀店などはお客様の射幸心をそそる恐れのある営業であり、風適法の7号営業に属します。5号営業であるゲームセンター等とは違い、取得した玉、メダルを景品に交換する事が出来ます。また7号営業店では紙幣投入口を設置することが出来ます。
 
B. 法律の目的
1、善良の風俗の保持

2、清浄な風俗環境の保持
3、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止
 
運用基準より(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準(抄))
1、善良の風俗の保持
国民の健全な道義観念により、人の欲望を基盤とする風俗生活関係を、善良の状態に保持すること。
(パチンコ店に関して言えば、お客様の欲望に成り立っているパチンコ店を、倫理・道徳等に反しない状態に保つこと。)
 
2、清浄な風俗環境の保持
様々な風俗性かつ関係から形成される地域の風俗環境、その他社会の風俗環境を清浄な状態に保持すること。
(パチンコ店を取り巻く周辺地域を清浄な状態に保つこと。立地、騒音、宣伝・広告等)
 
3、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止
発展途上にある少年の心身に有害な影響を与え、その健全な成長を阻害する効果をもたらす行為を防止すること。
 
つまりこの法律は、お客様を守り、法律遵守しているパチンコ店を守り、地域社会を守り、少年を守ることを目的としています。だからこそ遵法営業することが大切。もちろん、法律なので違反にした場合、行政処分があります。

 
C. 法律違反に対する行政処分
・ 指示処分  → 始末書提出
・ 営業停止  → 5日間〜6ヶ月の営業停止
・ 営業許可の取り消し(5年間は許可を取得することは出来ない。)
 
営業許可取り消し事由は『人的欠格事由』と『風俗営業許可の欠格事由(取消事由)』とに分けらます。人的欠格事由は、風俗営業者が人的欠格事由である実刑又は罰金刑の懲罰を受けてしまった場合の営業許可取消です。風俗営業許可の欠格事由としては、@ 20歳未満の者への酒類・タバコ類の提供、A 18歳未満の入店、B 18歳未満の雇用、C 無承認変更の4つがあります。後述。これらの欠格事由により営業許可の取消となった場合、5年間再取得は出来ません。
 
前述の通り、風適法はお客様を守り、法律遵守しているパチンコ店を守り、地域社会を守り、少年を守ることを目的としています。風適法を十分理解し、お客様に満足いただける営業を目指しましょう。
 
 
D. 遊技料金
 ・パチンコ 1玉4円を超えないこと
 ・スロット 1枚20円をこえないこと
 
遊技料金はパチンコについては玉1個4円以内、スロットについてはメダル1枚20円以内とされています。現在関内店2Fでも1円パチンコを行っており、これも当然4円以内の貸球ということで合法。

 
E. 実務関連
@ 玉・メダルの換金行為への関与禁止!!
 ・現金・有価証券を賞品としての提供することの禁止
 ・お客様に提供した賞品を買い取ることの禁止
 ・玉・メダルを営業所外に持ち出させることの禁止
 ・玉・メダルの保管書面を発行することの禁止
 
風適法上、遊技により得られた玉・メダルの景品として現金や有価証券を提供することが禁止されています。これは現金や有価証券を賞品として提供すると、著しく射幸心をそそる恐れがあるからです。また賞品として提供したものの買取り、買い取らせを認めると、現金・有価証券の提供を禁止した意味がなくなってしまうからです。
玉、メダルを営業所外に持ち出させることや、保管書面を発行することも禁止されています。これは持ち出しを認めると玉・メダルが店外で売買することが可能となる為です。同様に保管書面の発行を許すと玉・メダルの持ち出させることを禁止する意味に逸脱してしまう為、保管書面の発行は禁止されています。
 
「三点(店)方式」
お客様には出玉の景品としてカード景品を提供します。お客様には換金所(古物商の免許を持つ)にてカード景品をお金に換金して頂きます。パチンコ店は、カード景品を景品業者を介して仕入れます。こうすることで、換金所とパチンコ店とは直接関与していないことになります。認識としては、当店で得た景品を、たまたまお店の近くにあった質屋さんでお金に換えたということです。後述しますが、パチンコ店での景品交換は等価が原則です。貸玉料金が1玉4円、小景品の交換玉数が167玉の場合、小景品の価格は668円ということになります。店で668円で出している景品を、換金所がいくらで買い取るかは店の関与するところではありません。三点方式は上記の三点にお客様を加え四点方式と呼ばれることもあります。
お客様からは換金所の場所や換金率について尋ねられる事があります。しかしお店は換金行為に関与してはいけないので、換金所、換金率について直接お教えすることは出来ません。よってお客様から換金所の場所を尋ねられた際の回答は当然「わかりません」なのですが、「他のお客様は、よくあちらの出口から出て行かれます」「その景品をお持ちのお客様は、よくあちらに向かわれます」など、暗に示す形しかありません。
 
A(少年の健全な育成に障害となる行為の防止)

・18歳未満の者を営業所に客として立ち入らせてはならない
・20歳未満のものに酒類・タバコ類を提供してはならない。
 
前述の通り、18歳未満の方の入店させることと、20歳未満の方への酒類・タバコ類を提供することは、営業許可取消に値する違反です。行政処分として重すぎると思われますが、風適法の3つ目の目的『少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止』から考えて妥当なのかもしれません。
これらの禁止行為の違反防止の為、18歳未満らしきお客様がご遊戯されていた場合、公的身分証で年齢を確認しましょう。声賭けは「お客様、大変お若く見えますが、18歳になっていますでしょうか?失礼ですが身分証名称を拝見してもよろしいでしょうか?」など、丁寧に行いましょう。またお子様連れのお客様には、声をお掛けして店外へ出て頂きましょう。トイレ等ご希望の場合は、トイレまでご案内し、用が済み次第出て頂きましょう。
20歳未満らしきお客様が景品として酒類・タバコ類を希望された場合は必ず公的身分証明書で年齢を確認しましょう。
 
※ パチンコ店内での飲酒は年齢に関わらず禁止されています。
 
B 営業時間
 ・神奈川県 9:00〜23:00
 ・千葉県  10:00〜23:00
 ・東京都  10:00〜23:00 
 
風適法上、0:00〜日の出までの営業が禁止されており、さらに風適法に反しない範囲の各都道府県条例で、上記の様に営業時間が制限されています。この時間外は、遊技目的での入店は出来ません。「景品交換したい」「データを見たい」「精算したい」等も遊技に付随する行為なので、入店していただけません。
しかし、営業時間外であったとしても、トイレの貸し出しは、人道的観点から、当然付き添いをしてトイレまでいきご利用いただきましょう。

 
C 掲示、表示の義務
 ・営業許可証・・・営業所の見やすい所に掲示。カウンター等。
 ・遊技料金(貸玉、貸メダル料金)・・・貸玉機、両替機、計数機等
 ・18歳未満の入店禁止・・・店入り口
 
D 遊技技術の介入、および遊技結果による出玉
 ・お客様の技量が遊技の結果にあらわれなければならない
 ・遊技の結果に応じて賞品を提供すること
 
遊技にはお客様の技術介入がなければいけません。固定ハンドルでの遊技はお客様の技術によらず、一定の場所に玉を飛ばすことが可能となります。またお客様が直接操作していないにもかかわらず遊技球を発射させることができる状態となる為、無承認変更にもなりかねません。実際、バンドルが元に戻らない状態は遊技機の改造であり、無承認変更であるという処分が最近出てきています。鍵やラミネート、手放しでの遊技など見えるものは外してもらうようにお客様にお願いする必要があります。
お客様への賞品の提供は、遊技の結果に応じていなければなりません。このことから遊技の結果によらず出玉を提供することも出来ません。よって閉店時に確変状態だからと大当たり分の玉を提供することも出来ません。
 
 
F. 賞品の提供
@ 賞品の等価性と最高限度額

 ・遊技球等の数量に対応する金額と等価の物品を提供しなければならない
 ・賞品の価格の最高限度に関する基準は、1万円を超えないこととする
 
カウンターにて賞品を提供する場合、遊技球・メダルと等価の物品を提供しなければなりません。等価性に関しては、当該賞品が国内小売市場で流通している価格(市場価格)の範囲内であれば等価性を有すると考えられます。貸玉料金が1玉4円、小景品の交換玉数167玉の場合、小景品の価格は668円ということになります。小景品の換金所での買い取り価格は500円ですが、あくまで当店では688円の等価の景品をお出ししているという認識をわすれないでください。その景品を古物商である換金所がいくらで買い取るかは店の関与するところではありません。賞品の最高限度額は1万円とされています。よって貸玉料金が1玉4円の場合、提供できる賞品の最大玉数は2500玉ということになります。
 
A 商品の種類と数量
 ・提供する物品は、お客様の多様な要望を満たすことができるよう(中略)出来る限り多くの種類のものを取り揃えておくこと
 ・賞品として偽ブランド品を提供してはならない
 ・5品目、500種類以上の賞品を取り揃えること
 
遊技機の台数が500を越える店舗では、その台数と同じ数の種類以上の陳列が求められています。賞品の陳列は原則としては物品自体ですが、スペース等の問題で物品自体の陳列が困難な場合等は、少なくとも200種類を物品自体陳列し、それ以外は物品の写真やパネル等で陳列することも良いとされています。
さらに、賞品の全てを物品自体や写真・パネル等で陳列することが困難な場合は、取りそろえるべき賞品の半数以下において、カタログ方式による賞品の提供のほか、コンピュータの画面等を通じて賞品を選んでもらう方法もおこなえます。また、地域の商店街と連携し、そこで販売されている1万円以下の商品。
家庭用品 食器、台所用品、家事用消耗品(洗剤等)、家庭用耐久財(アイロン・電気ポット等)、室内装備品(照明器具、置時計等)及び寝具類
衣料品 洋服、シャツ・セーター類、下着類、ネクタイ、靴下及び履物等
食料品 飲料、菓子類、調味料、調理食品、野菜、果物及び穀物等
教養娯楽用品 文具類、運動用具、がん具、フィルム、ビデオテープ、コンパクトディスク、オーディオ記録媒体、乾電池、カメラ及び書籍類等

嗜好品 たばこ
身の回り品 かばん類、腕時計、傘及びハンカチーフ等
その他 上記以外の物
以内の物品についても、商品名や交換玉数等を具体的に写真やパネル等で表示して提供することも、賞品取りそろえの充実に向けた方法として取り入れていくとされています。
 
G. 清浄な風俗環境の保持
風適法の目的の一つ、清浄な風俗環境の保持のため以上のようなことが示されています。
 
@ 客引き行為禁止
 ・客引きをしてはいけない
 ・客引きをするために、道路その他交響の場所で、人の身辺に立ちふさがり、またはつきまとうことをしてはいけない
 
客引き行為は、主にキャバレー等を念頭に置いた規定ですが、同じ風適法にて禁止されているので遵守しなければなりません。道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、またはつきまとうことも客引きの準備行為として禁止されています。なお、ティッシュ、うちわ配り等は客引きには当たらないとされています。しかし、ティッシュやうちわ等を配る際に客引き行為ととられるような声掛けをしないように注意しましょう。
 
A 広告・宣伝の規制
 ・営業所周辺の清浄な風俗環境を害する恐れのある方法で広告・宣伝をしてはいけない

 
広告・宣伝規制については、警察庁から『パチンコ営業における広告及び宣伝等について』と題する見解が平成14年10月31日に表明されています。この中で、表のような表示が風適法に反するとして示されています。しかし、これらはあくまでも例示なので、ここで挙げられていなければ使用しても良いということにはなりません。著しく射幸心をあおることなく、ルールをかいくぐり、出来る限りの集客活動(広告・宣伝)を行えるよう努めなければなりません。
警察庁発表
入賞を容易にした遊技機の設置をうかがわせる表示 甘技 天国調整 モーニングサービス イブニングサービス
大当たり確率の設定変更が可能な遊技機について設定状況等を示す表示 設定○大量導入 朝一高確率スタート
賞品買取行為への関与をうかがわせる表示 ○円交換 等価交換 高価交換 完全等価
著しく多くの玉・メダルの獲得が容易であることを示す表示 大放出○万枚 万枚オーバー
 
 
B 騒音および振動の規制の範囲を超えてはならない
営業所周辺において、都道府県の条例で定める数値以上の騒音または振動を生じさせて営業を行ってはならないとされています。振動については47都道府県全てが55db(デシベル)とされています。騒音に関しては各都道府県で表のように定められています。計測はドアが閉まった状態の計測します。
 
都道府県 区分 騒音(db)
神奈川 第一種低層住宅専用地域
第二種低層住宅専用地域
第一種中高層専用住宅地域

第二種中高層専用住宅地域 昼間 50
夜間 45
深夜 30
第一種住宅地域
第二種住宅地域
準住宅地域 昼間 55
夜間 50
深夜 45
近隣商業地域
商業地域
準工業地域
工業地域
工業専用地域 昼間 65
夜間 60
深夜 50
その他 昼間 55

夜間 50
深夜 45
千葉 住宅地域等 昼間 50
夜間 45
深夜 40
商業地域 昼間 65
夜間 60
深夜 50
その他 昼間 60
夜間 55
深夜 50
 
H. 遊技機の規制
@ パチンコ遊技機については以下の基準を満たさなければならない
 ・一分間に発射できる遊技球が400円の遊技料金に相当する数を超えない
 ・一個の遊技球の入賞により獲得できる遊技球が15個を超えない

 ・一時間に渡り遊技球を連続して発射させた場合において獲得することが出来る遊技球の数が、発射させた遊技球の数の3倍を超えない。また短時間に著しく多くの遊技球を獲得することが出来る性能を有しない
 ・10時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することが出来る遊技球の数が発射させた遊技球の数の2倍を超えない。また2分の1を下回らない
 ・10時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することが出来る遊技球の数のうち、役物の作動によるものの割合が7割を超えない。獲得することが出来る遊技球の数のうち役物の作動によるものの割合が著しく大きくならない
 ・役物連続作動装置が設けられている遊技機にあっては、役物が連続して作動する回数が16回を超えない。また役物連続作動装置の作動により著しく多くの遊技球を獲得することが出来る性能を有しない
 ・10時間にわたり遊技球を連続して発射させた場合において獲得することが出来る遊技球の数のうち役物連続作動装置の作動によるものの割合が6割を超えない
 ・遊技球の大きさに比して入賞口の大きさが著しく大きくない、または小さくない。遊技球の獲得がお客様の技量に依存する
 ・お客様が直接操作しなければ遊技球を発射できない仕組みを有する
 ・遊技盤上の遊技球の位置がお客様の技量により調整できる
 ・お客様が遊技盤上の遊技球の位置を確認することが出来る
 ・役物を著しく容易に作動させることができない
 ・遊技の公正を害する調整を行うことが出来ない
 ・お客様の技量が遊技の結果に反映される
 ・遊技の結果がお客様以外のものの意図により決定されない
 
A回胴式遊技機(スロット)については以下の基準を満たさなければならない
 ・400円の遊技料金に相当する数を超えて遊戯することが出来ない

 ・一回の入賞により獲得できる遊技メダルの舞う数が15枚を超えない。当該入賞に使用した遊技メダルの数の15倍を超えることがない
 ・400回にわたり遊技を連続して行った場合において獲得することが出来る遊技メダル等の数が使用した遊技メダルの数の3倍を超えない。そのほか短時間に著しく多くの遊技メダルを獲得する性能を有しない
 ・6000回にわたり遊技を連続して行った場合において獲得することが出来る遊技メダル等の数が使用した遊技メダル等の数の1.5倍をこえない
 ・17500回にわたり遊技を連続して行った場合において獲得することができる遊技メダルの枚数が、使用した遊技メダルの枚数の1.2倍を超えない。またその20分の11を下回らない。
 ・役物が設けられている遊技機にあっては、役物の作動する場合に入賞させることが出来る回数が8回を超えない
 ・6000回にわたり遊技を連続して行った場合において獲得することが出来る遊技メダル等の数のうち役物の作動によるものの割合が7割を超えることがある性能を有しない。その他獲得することが出来る遊技メダル等の数のうち役物の作動によるものの割合が著しく大きくなることがない
 ・役物連続作動装置が設けられている遊技機にあっては、一回の役物連続作動装置の作動により獲得できる遊技メダルの数が480枚を超えない
 ・6000回にわたり遊技を連続して行った場合において獲得することが出来る遊技メダル等の数のうち役物の作動によるものの割合が6割を超えない。
 ・入賞とされる回胴の上の図柄の組み合わせが著しく多くない。または著しく少なくない。その他お客様の技量が遊戯メダル等の獲得に反映される。
 ・回胴の回転の停止をお客様の技量により調整できる
 ・回胴の回転が速すぎない
 ・役物の作動が容易でない
 ・遊技の公正を害する調整を行うことが出来ない
 ・お客様の技量が遊技の結果に反映される
 ・遊技の結果がお客様以外のものの意図により決定されない
 

B遊技機の変更
 ・遊技機を変更する場合は事前に承認を受けなければいけない
 ・遊技機の変更が軽微な場合、事後の届け出をしなければいけない
 
遊技機を変更する場合は、軽微な変更にあたらない限り公安委員会の事前の承認を受けなければいけません(変更承認申請)。ここで言う変更とは台の入替えだけではなく、「遊技機の部品でその変更が遊技機の性能に影響を及ぼす恐れがある」部品の交換等も含みます。基本的には部品の交換はすべて変更承認申請が必要であるという認識を持ち、例外として、軽微な変更にあたるものを把握していたほうがよいと思います。もし営業中に故障した台をみつけ直らないようならば、他の台に出た玉を持ってうつって頂くしか方法はありません。事前の承認をせずに変更を行った場合、無承認変更にあたり、営業許可の取消となりうる違反となります。また営業時間中にラムクリアをかけるなど、遊技機の性能に影響を及ぼす行為も無承認変更にあたりますので、注意が必要です。
  新台開放時も注意が必要です。チャンスボタン、役物動作、賞玉数、玉飛びが一分間に100以内か、玉飛び位置の調整が出来るか、音が出るか、液晶が動くか、配線がついていないかなど、確認し警察検査の前に正常に動作するか確認することが必要です。加えてセル換えの場合、ハンドルを固定されているものがそのまま残っていることがあるので注意が必要です。
遊技機の変更が軽微な場合、事後の届け出をすればよいとされています(変更届)。軽微な変更としては、情報線、賞球線、封印シール、台鍵、シリンダー、ドアセンサー、電波線、インシュロック、ゴト対策部品などがあります。変更届の届出期間は、事後1ヶ月です。
さらに、運用上、営業者に過度の負担を掛けないとの趣旨から、「軽微な変更」にもあたらない変更は、届け出も不要とされています。届出も不要とされた変更は例えば、同一規格の遊技機のランプや蛍光灯、遊技機の灰皿カバーなどです。
 
I.営業所の構造・設備の変更、照度の規制
 ・営業所の構造、設備等を変更する場合は、事前承認、ないし届け出をしなければならない。
 ・営業所の照度は、10ルクス以上にしなければならない。
 
営業所の構造、設備等を変更する場合は、増築・改築等する場合には事前承認が必要です。また、軽微な変更の場合も届け出をしなければならなりません。景品棚の設置、見通しを妨げる立て看板の設置等は、構造、設備等の変更にあたる恐れがあるので注意が必要です。
照度についても10ルクス以上にしなければならないという規準があります。測定は床から1mの高さのところで測定します。
 

J. 従業員
 ・18歳未満の者の接客業務の禁止
 ・従業員名簿の備え置き
 
パチンコ店においては、風適法の目的の一つである少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止の観点から18歳未満の雇用は制限されています。前述のとおり、18歳未満の者の接客業務の禁止違反に対する行政処分は営業許可の取り消しです。18歳未満の者の雇用を防止する為に、必ず面接時に公的な身分証で確認しなければなりません。
また風俗営業店では、従業員名簿を備え置かなければなりません。従業員名簿の記載事項は、氏名、性別、生年月日、住所、本籍、採用年月日、退職年月日、業務内容の8点です。従業員名簿は退職日から3年間備えておかなければなりません。

<スポンサーリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 問題集 ワークシート